書道家 役割

書道家の役割とは?

書道家を志す方であれば、世間においての書道家の役割について考えることもあるかもしれません。

 

世間一般では、書道の道を究めた芸術家と捉えられている書道家ですが、芸術家として以外にも書道家の役割はあるのでしょうか?

 

書道を広めるための中心的な役割

書道の師範と言えば、自分の書道教室で書道を教える先生、というイメージがあるかもしれません。

 

子供から大人まで、書道を習いたいと思う人々に書道を教えている書道の師範は、とても親しみやすい存在だと言えるでしょう。

 

実のところ、書道の師範は世間でもっとも身近な書道家です。

 

そのため、自分の個性やこだわりを反映した芸術作品を製作しながら、書道の素晴らしさを伝えることができるという役割を担うことができるでしょう。

 

自宅や公的施設で書道教室を開くだけではなく、書道家が中心となってワークショップなどを開催すれば、より多くの人々に関心を持ってもらうことができるはずです。

 

そうすることによって、未来の書道家を育成する機会をも持つことができるのではないでしょうか。

 

海外でも人気が上昇している書道

書道家として国内で活躍する方が多いかもしれませんが、最近では海外でも書道人気が高まってきているため、海外で書道家として活躍することもできるでしょう。

 

海外で書道家として活躍すれば、海外に日本の伝統文化を広める親善大使としての役割を果たすこともできます。

 

自分の芸術家としての価値を高める一方で、海外で書道を広めるなら、世界的に書道の良さを伝えることができるでしょう。

 

そうすれば、書道家としての自分の可能性をさらに広げることにもなり、作品により深みを与えることにもなるはずです。

 

なにより、書道の良さを理解し、書道を趣味にする方や書道の師範になろうと思う人が増えるなど、伝統が受け継がれていくのをみるのは、書道家として嬉しいことに違いありません。

 

書道家として成功することには、自分の名声を高めること以外にも、書道という伝統を守っていく、という使命を全うすることも含まれると言えるでしょう。