書道 資格 費用

書道の資格を取得するには費用はどれくらいかかる?

趣味として書道をはじめたいという方や、書道に関連した仕事に就くために資格を取得したいという方まで、実にさまざまな立場の方がおられます。

 

ところで、書道の資格を取得する費用は、いったいどれくらいかかるのでしょうか?

 

今回は、書道の資格を取得するまでにかかる費用についてご紹介したいと思います。

 

書道の資格を取得するのにかかる費用とは?

どんな習い事でも、上のレベルを目指すのであれば費用が高くなるのがふつうですが、書道の資格を取得する場合にも、それは当てはまると言えるかもしれません。

 

書道の資格を取得するのにかかる費用は、所属している書道団体によって異なります。

 

しかしながら、書道の資格として一般的によく知られている師範の資格を取得しようと、そのコースを受講すると、月謝やテキスト代で30万ほどかかるスクールもあります。

 

さらに、展覧会へ作品を出展するとなると出展費用がかかったり、検定費用がかかってくるでしょう。

 

そのため、書道の資格を取得しようと思うのであれば、数十万円はかかると認識しておくことができるのではないでしょうか。

 

書道の資格を通信教育で取得する場合の費用はいくら?

通信教育を活用して書道の資格を取得する場合には、さまざまな団体が書道の通信講座を開講しているため、よく比較検討して選ぶことが大切になります。

 

そんな団体の一つに数えられる日本書道学会で師範の資格を取ろうと思うなら、受講料などのすべての費用を合わせると36万円ほどかかります。

 

さらに、東京書道教育会の通信教育を通して師範の資格まで取得しようと思うなら、すべての費用を合わせて20万円ほどかかります。

 

スクールや通信教育を活用したとしても、仕事に活かせるほどの価値のある資格を取得するには、最低でも20万円ほどはかかると考えておくことができるでしょう。

 

もちろん上を見ればキリがありませんが、それぞれに属している書道団体の規定に従って費用を払う必要が生じます。

 

一方、仕事に役立てるために書道の資格がほしいのであれば、独学で練習を積んで、毛筆書写技能検定試験を受験することもできるでしょう。

 

そうすれば、受験料として5級で1300円、そして1級で6000円の費用だけで済むことになります。