書道 資格 種類

書道の資格の種類にはどんなものがある?

数ある習い事の中でも、子供から大人までを魅了してやまない書道。

 

中には、書道の資格を取得したいと願う方もおられるでしょう。

 

そこで今回は、書道の資格の種類についてご紹介したいと思います。

 

書道の資格の種類について

書道の資格を取得しようと思うなら、書道の検定試験を受けることができるでしょう。

 

書道の資格には、文部科学省認定の資格として、日本書写技能検定協会が認定している毛筆書写検定があります。

 

また、その他の書道の資格としては、硬筆書写検定があります。こちらの検定試験も、日本書写技能検定協会が資格認定している文部科学省認定の資格になります。

 

硬筆書写検定では、毛筆ではなくペン字の検定試験となっており、上記の毛筆書写検定と同様にいくつかのレベルに応じて資格の取得が可能です。

 

これら2つの書道の検定試験で取得した資格は、書道教室で与えられる段位のように履歴書の特技欄に書くのではなく、これまでに取得した資格として資格欄に記すことができます。

 

書道の師範免許を取得しようと思うなら

書道の資格の中には、書道を教える指導者として師範の資格も存在します。

 

師範の資格を取ろうと思うのであれば、書道教室で書道を学び、経験を積むことが求められます。

 

しかし、もしもこれまで書道を習ってきたという方で師範を目指したいと思う方であれば、全国書道教師資格認定試験という文部科学大臣認定の資格にチャレンジすることができるでしょう。

 

公益社団法人日本書作家協会が実施しているこの認定試験は、一次試験から四次試験まであり、所定のカリキュラムを受けた後に四次試験に合格すると、師範の資格が与えられます。

 

一般的に、書道の師範の資格を取得するのはなかなか時間の掛かることですが、最近では通信講座やスクールなどにおいて、書道の師範の資格を取得できる講座もあります。

 

「将来は書道教室を構えたい。」「週末に子供たちに書道を教えたい。」と思うのであれば、仕事をしながらでも受講可能な通信教育で、師範の資格を取得することを考慮することができるでしょう。