書道 資格 期間

書道の資格を取得するには期間はどれくらいかかる?

自宅で開業できる仕事として、書道教室を経営しようという方であれば、早く書道の資格がほしいと思うのは当然のことでしょう。

 

そこで今回は、書道の資格を取得するのにどれくらいの期間がかかるのかについて、ご紹介したいと思います。

 

書道の資格を取得するのにかかる期間について

書道の資格の代表格として師範免許がありますが、師範の資格を取得するまでにいったいどれくらいの期間がかかるのでしょうか?

 

子どもの頃からずっと書道を習い続けてきた方が師範の資格を取ろうとするなら、十年以上かかることになるのは、当たり前のことかもしれません。

 

なぜなら、大人の部の10級から1級、そして初段から10段、さらにそこから準師範と師範格になり、最後に師範の資格が与えられるからです。

 

ただし、このような場合においては、「書道を教える先生になりたい!」と本気で考えた時点、そして実際に資格を取得するためのアクションを取りはじめた時が、スタート地点になると言えるかもしれません。

 

書道の資格をスクールで取るならどれくらいかかる?

本気で書道にまつわる仕事をしたいと思うなら、書道団体のスクールに通ったり、書道団体が開講している通信教育を受講することができます。

 

師範の資格を取るために初級から受講していったとしても、ほとんどのスクールにおいて1年半から3年のほどの期間がかかるでしょう。

 

もちろん、それぞれのスクールによって期間は異なりますが、一般的な書道教室に通うよりもはやく資格が取得できます。

 

その分受講料やテキスト代の費用が高くつくかもしれませんが、書道の資格がはやく取得したい方には、スクールや通信教育を活用する方法も検討することができるでしょう。

 

他にも、書道の資格である硬筆書写技能検定試験などを受ける場合もあるでしょう。

 

この試験は1年に3回行われているため、うまく合格することができれば4ヶ月ほどの期間で書道の資格を取得することができると言えるでしょう。