書道 師範 なるには

書道の師範になるにはどうすればいい?

在宅で仕事をする方法として、自宅で書道教室を開く方法があります。

 

結婚退職後に自宅で教室を開いて書道を教えるなど、将来に備えて書道の資格を取ろうと思う方にとっては、非常に魅力的な書道の師範免許の資格ですが、どうすれば書道の師範になることができるのでしょうか?

 

書道の師範になるための方法とは?

書道の師範になるために、多くの方が書道教室に通われるのではないでしょうか?

 

師範になるためには、自分の通っている書道教室が属している、教育系の書道団体の昇段試験を受けていき、最高段位を取得する必要があるでしょう。

 

すでに書道教室に通っているのであれば、教室を主宰している師範に、師範になるための道のりについて尋ねてみることができるかもしれません。

 

大抵の場合には、書道の師範になるまでにかなりの年数を要します。

 

しかしながら、各流派によって師範認定の基準が異なるため、書道の師範になるためには、自分が属する流派の流儀などをしっかり会得することが求められます。

 

書道の師範になるのは大変?

書道の師範になるためには、自分が所属する書道団体から認定される他にも、通信教育やスクールに通うことによって師範の資格を取得することができます。

 

もしかすると、地道に書道教室に通わずに師範の資格を取得するなんて、そんなことが本当に可能なのか?と考える方もおられるかもしれません。

 

しかし、公益財団法人の日本書道教育学会などの書道団体では、最短2年で書道の師範免許を取得できるコースを設けているところもあります。

 

また、このような書道団体の設けているコースを受講して書道の師範免許を取得すれば、書道教室を開く際に手厚いサポートを受けることができるでしょう。

 

このように、一般的に難しいとされている書道の師範になるための資格の取得ですが、書道の師範になるために特化した通信教育や、いずれかの書道団体が開講しているスクールの講座を活用することもできるでしょう。