書道 資格 通信教育

書道の資格を通信教育で取得するメリットとは?

書道の資格を通信教育で取得することを躊躇する方の中には、「通信教育で本当に実力がつくの?」と、不安に思っている方もおられるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、書道の資格を通信教育で取得するメリットについて、いくつかご紹介したいと思います。

 

書道の資格を通信教育で取得するメリットについて

書道の資格を通信教育で取るべきかどうか悩んでいる方であれば、そのメリットとデメリットについて知っておく必要があるでしょう。

 

まず、通信教育で書道の実力が本当につくのかという点ですが、多くの書道の通信教育の講座では、プロの先生が丁寧に添削を行ってくれるため、確実に実力をのばすことができると言えるでしょう。

 

また、最近ではただテキストを見ながら字を書くだけではなく、専用のシートを用いて水書きの練習ができるなどの付属教材も充実しているため、楽しく練習に励むことができるというメリットがあります。

 

自宅での受講だから集中しやすい!

書道の資格を通信教育で取得するメリットとしては、書道教室などと違って、集中して練習を行うことができる、という点があげられます。

 

もちろん、他の生徒たちがいる書道教室などにおいては、それらの生徒たちの作品を見てお互いに感化しあうこともあるでしょう。

 

しかしながら、もっと美しい字が書けるようになるためには、ひたすら個人練習をする以外には他に方法がありません。

 

そのため、自宅で落ち着いて練習ができる書道の通信教育は、早く上達したい方にとってぴったりの学習法であると言えるでしょう。

 

ただしデメリットとしては、書道教室と違って書道仲間を作ることができない、という点がありますが、書道の作品展や展覧会、そして書道を趣味とする人々のサークルなどに参加することで、そのデメリットを補うことができるはずです。

 

書道をするのが初めての方であれば、書道の道具を揃える必要がありますが、通信教育で書道の資格を取得しようと思う場合、必要な書道道具一式もテキストと一緒に受け取ることができる講座も存在します。

 

ですから、書道の資格の取得を目指すことができ、道具を揃える手間も掛からない通信教育の書道講座は、初心者の方からあらゆるレベルの方に至るまでを、満足させることができる学習法だと言えるのではないでしょうか。