硬筆書写検定

「硬筆書写検定」とは?

書道の資格を取得しようと思ったのであれば、毛筆書写検定に加えて、硬筆書写検定という資格があることにも留意できるでしょう。

 

かつては、ペン字検定として知られていたこちらの試験ですが、硬筆書写検定とはどのような試験なのでしょうか?

 

硬筆書写検定について

硬筆書写検定とは、文部科学省が後援となり、一般財団法人日本書写技能検定協会が実施している硬筆書写による技能検定です。

 

毛筆書写検定と同じく、1級から5級までの6つの級に分けられており、自らの実力に合わせて、どの級からでも受験が可能となっています。

 

どんな立場や年齢の方でも受験が可能となっているため、書道の資格がほしいと思う方ならどなたでも受験することができるでしょう。

 

年に3回の技能検定が実施されていますが、この技能検定を受検するためには、受験願書を提出する必要があります。

 

受験願書は、日本書写技能検定協会に請求することもできますし、書店で購入することも可能となっています。

 

一般的には、硬筆書写検定の3級に合格すれば履歴書に記すことができますが、もしも教育者を目指すのであれば、1級か準1級の取得を目指すようにしましょう。

 

「硬筆書写検定」と「毛筆書写検定」の違いとは?

硬筆は本来、毛筆に基づいたものです。

 

しかしながら、硬筆書写検定に合格しようと思うのであれば、毛筆書写検定とは異なる勉強法をすることが求められるでしょう。

 

なぜなら、硬筆書写検定は美しく正確に文字を書く、ビジネスに必要な実践スキルの実力を試されるからです。

 

一方の毛筆書写検定では、実用的な硬筆とは違って、より芸術性の高さが求められると言えるでしょう。

 

中には、「硬筆と毛筆とではどちらが難しいの?」と疑問に思う方もおられるでしょうが、一般的には硬筆のほうが難しいと感じる方が多いようです。

 

そのため、基本である毛筆の基礎を築いてから、硬筆へと移行する方もおられるようです。

 

ですから、硬筆書写検定を受験しようと思うのであれば、硬筆をしっかり学ぶことができる講座を受講してから技能検定を受けることもできるでしょう。