毛筆書写検定 合格率

「毛筆書写技能検定」の合格率はどれくらい?

仕事に役立つ書道の資格を取得したいと思っているのであれば、毛筆書写技能検定を受検してみてはいかがでしょうか?

 

今回は、どなたでも受験することのできる、毛筆書写技能検定試験の合格率についてご紹介したいと思います。

 

毛筆書写技能検定の合格率について

書道教室に通わずに独学で書道の資格を取ろうと思うなら、毛筆書写技能検定を受検することを考慮する方もおられるかもしれません。

 

独学でこの検定試験を受ける場合、気にかかるのがそれぞれの級の合格率でしょう。

 

この検定試験の最高レベルである1級に合格すれば、筆耕として賞状や宛名を書く仕事をすることができたり、書道の教育者としての仕事をすることができます。

 

しかしながら、平成27年度の毛筆書写技能検定の1級の合格率は8.9%となっており、独学で合格するにはかなり厳しいことが理解できるでしょう。

 

同じ年の準1級の合格率は17.2%、そして2級の合格率は44.5%となっており、一般社会人がもし書道の資格の取得を目指すのであれば、2級レベルを目指すとよいと言えるかもしれません。

 

「毛筆書写技能検定試験」は独学で取得できる?

平成27年度の3級の合格率は73.5%、さらに4級では91.8%、そして5級では96.2%でした。

 

自分の書道の実力がわからないというのであれば、3級から5級の間の級の検定試験を受けることができるかもしれません。

 

ちなみに、毛筆書写技能検定の3級に合格するなら、履歴書の資格欄に記すことができますが、面接で評価されるのは2級からでしょう。

 

もしも独学で書道の資格を取得しようと思うのであれば、4級もしくは5級をまず受験してみることができるかもしれません。

 

しかしながら、確実に合格を狙うのであれば、通信教育の書道の講座を受講した後に受験するなら、合格する確率をあげることができるかもしれません。

 

さらに、毛筆書写技能検定を受験しようと思うなら、この検定試験を実施している日本書写技能検定協会が発行している手引きと問題集をチェックすることができるでしょう。