毛筆書写検定 勉強方法

「毛筆書写検定」の効率的な勉強方法とは?

最初は単なる趣味で書道をはじめたとしても、いつしか書道で身を立てたい、と思うようになるかもしれません。

 

そんなとき、毛筆書写検定試験を受験するなら、自分の書道のレベルを知ることができるでしょう。

 

今回は、毛筆書写検定の効率的な勉強方法についてご紹介したいと思います。

 

毛筆書写検定の効率的な勉強方法とは?

毛筆書写検定は、実技試験と理論試験から成り立っています。

 

この検定試験の効率的な勉強方法は、過去の問題集や手引きなどを徹底的に練習することでしょう。

 

これまで書道教室に通った経験があるのであれば、4級と5級は比較的簡単に取得できるかもしれません。

 

しかしながら、もしも2級を受験しようと思っているのであれば、書道の専門分野の勉強が必要になるでしょう。

 

例えば、2級においては楷書・行書・草書の中から出題されるため、それらによく精通しておく必要がありますし、古典の学習もしっかりしておく必要があります。

 

スクールや書道の通信教育を活用しよう

毛筆書写検定試験を受験するのであれば、事前に受験対策として書道団体が実施している講座や、書道の通信教育を活用することができるでしょう。

 

1級を受験するつもりであれば、書道の師範の資格が取得できる講座で学ぶのがふさわしいかもしれません。

 

そのような場合には、1年半から2年ほどの学習期間が求められます。

 

しかし、独学では難しい1級の資格をどうしても取得したいのであれば、講座を活用する方法が一番効率の良い学習方法だと言えるのではないでしょうか。

 

さらに、もしかするとスクールにて、毛筆書写技能検定試験を受験したことのある人に出会えることもあるかもしれません。

 

検定試験の受験経験者の話を聞く機会があれば、どのように勉強すればよいのかを知るきっかけになるでしょう。

 

そうすれば、毛筆書写検定試験の受験がはじめてであったとしても、ある程度の心づもりをすることができるのではないでしょうか。