書道家 年収

書道家の年収はどれくらい?

国内でも海外でも大々的に活躍している書道家から、知名度は高くなくても地道に作品作りに励んでいる書道家まで、さまざまなタイプの書道家が存在します。

 

活躍の差によってその年収はまさにピンからキリまで、と考えることができますが、一般的な書道家の年収ははたしてどれくらいのものなのでしょうか?

 

書道家の年収について

メディアへの露出などなく、地道に自分の書を極めながら、なおかつ書道教室などで指導者として生徒を教えている場合、その年収は200万円から300万円ほどとなるでしょう。

 

作品販売している書道家から、筆耕として「書く」ことを仕事にしている書道家、さらには中学や高校で書道を教える教育者である書道家もいます。

 

そのため、活動スタイルや定期的な収入源があるかどうかによって、その年収は異なるでしょう。

 

学校で書道を教えている書道家の多くは、非常勤講師としてその職に就いている場合がほとんどです。

 

そのような場合には、1000円以上から4000円までと、一コマずつの授業料での換算となるでしょう。

 

有名になればそれだけ年収もアップする!

安定した職業とは言いがたい書道家の仕事ですが、作品を販売する他にも書道教室を開いたり、ワークショップを開催したりするなど、幅広い活躍をするように努めれば、それだけ年収はアップしていきます。

 

書道家として年収をアップさせたいと思うのであれば、人脈を広めたり、ストリートでパフォーマンスをするなどの積極性が求められるでしょう。

 

書道の才能が求められるのはもちろんのことですが、カリスマ性やそれを活かすような積極的な行動が伴わない場合には、なかなか年収をあげるのも難しいかもしれません。

 

しかしながら、ひとたび世間一般で高く評価されるほどの書道家になり、知名度があがれば年収は1000万円を超えることもあるでしょう。

 

頑張ればそれだけ報われる世界とも言えますが、自分の個性がどれだけ世間で受け入れられるかが、書道家として成功する鍵だと言えるのかもしれません。